マツコ、”隣人の孤独死”に「本来、人が家で死ぬのはごく普通のこと」 かつて実家の近隣で孤独死があったことも明かす

マツコ・デラックスさん

マツコ・デラックスさん

単身者にとって大きな問題である「孤独死」だが、近隣に暮らす住人にとっても、かなり気掛かりな問題だろう。マツコ・デラックスさんが、10月8日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演し、孤独死について「本来、人が家で死ぬのはごくごく普通のこと」などとコメントした。

番組では、夕刊フジの相談コーナーを紹介。56歳男性からの相談で、マンションの隣室で「独居死」があり、妻が怖がって引越ししたいと言い出した、という内容だ。記事で相談に答えた医師は、その気持ちは当然のことと受け止めつつ、高齢化社会の現代、どこに住んでも似たようなことがあるとコメント。時の経過と共に恐怖や不安は軽くなっていくとして、時間を置いて冷静になるまで、引越しなどの重要な決定は先延ばしにするよう助言している。(文:okei)

「昔はみんな家で息を引き取ってた。文明の発達が、いろんなものを捻じ曲げちゃう