子会社で働くのって実際どうなの? 「親会社の恩恵で手当ては充実」「親会社の声が大きく自主性はない」

子会社で働くメリット、デメリットとは

子会社で働くメリット、デメリットとは

就活や転職活動をする中で、「親会社」「子会社」という言葉を耳にすることがあるだろう。大企業には多くの子会社が存在するが、実際に子会社で働く人々はどのようなメリットやデメリットを感じているのだろうか?企業口コミサイト「キャリコネ」に寄せられた口コミを紹介する。【参照元:キャリコネ】

「親会社の恩恵もあり手当は充実している。残業代や早朝深夜祝日手当は満額支給されるため、仕事をした分だけ青天井に給与が上がる」(プログラマー、20代後半、男性、正社員、年収350万円)
「親会社の福利厚生が充実していることもあり、借り上げ住宅制度で遠方の場合は家賃の9割を会社が負担してくれる。とても助かる制度だと思う」(物流サービズ、20代前半、男性、正社員、年収500万円)

親会社の制度が子会社にも適応され、充実した福利厚生を受けることができるという口コミが寄せられた。

基本的に親会社は子会社よりも規模が大きく安定している。保養所やスポーツクラブの利用、借り上げ住宅など福利厚生が整っている企業も多い。福利厚生が親会社に準じていれば、子会社社員も魅力的な制度を利用することができる。これは子会社社員にとってメリットといえるだろう。

「親会社の給料が上がらないと子会社の給料が上がらない」