会社の理解不能なルール「正社員は毎朝7時20分に出社して素手でトイレ掃除」

会社の変わったルールに頭を悩ます人もいる

会社の変わったルールに頭を悩ます人もいる

企業に勤めると、独自のルールが存在する場合がある。新卒採用時からそのしきたりに慣れていれば違和感は感じないかもしれないが、中途採用で入社した場合は驚いてしまうことも。今回は企業口コミサイト「キャリコネ」に寄せられた企業の変わったルールに関する口コミを紹介する。【参照元:キャリコネ】

「あいさつに驚いた。出社時と退社時に上司に直接あいさつをするしきたりがある(自発的ではなく強制的)。敬意を払うように刷り込まれている印象を受けた」(その他、30代後半、男性、正社員、年収520万円)
「入社してすぐに3000件のローラー訪問、何を喋れるわけでもないのに1件1件訪問させられる。営業になったら必ずやる会社のしきたりだか知らないが、本当に無意味だと思った。昔のやり方をずっと続けているので古い考えの人が本当に多い」(企画営業、20代前半、女性、正社員、年収200万円)
「正社員は毎朝7時20分には会社に来てトイレ掃除を素手でやらなければならない。昔からのしきたりが多く変な縛りがあり利益にならない仕事ばかりで時間の無駄が多い」(その他、30代前半、男性、正社員、年収350万円)

効率的な業務のやり方や、代々つながっている取引先との上手な付き合い方など、ノウハウを伝えるのであればそのルールも意味があるが、口コミで寄せられたものは業務とは直接関係のないものだ。あいさつの仕方や掃除の方法などは、個人のやり方に任せても問題はない。こうしたさまざまな縛りが社員にプレッシャーを与え、かえって仕事に集中できなくなってしまう恐れがある。

いにしえのモーレツ社員の名残で「サービス出勤にサービス残業」