悪質クレーム、10年間で24人自殺 厚労省「行政が取り締まるのは難しい」と対応苦慮

悪質クレームにより過去10年で24人が自殺に追い込まれていたことが分かった

悪質クレームにより過去10年で24人が自殺に追い込まれていたことが分かった

従業員を追い込む悪質クレーム「カスタマーハラスメント(カスハラ)」によって、2018年までの10年間で78人が労災認定を受け、うち24人が自殺していたことが10月24日、分かった。接客業などに携わる従業員を守るため、国や企業には早急な対策が求められている。

厚生労働省はキャリコネニュースの取材に対し、

「悪質クレームは従業員の尊厳をひどく傷つけ、なかなか許せるものではない。また、精神障害や自殺に追い込むこともある。こうした”あってはならない”現実を重くうけとめている」

と語った。

「同じ内容で何度も電話がくる。『死ねばいいんですね』と言われる」