年末年始の休暇、半数以上の人が「9連休以上」 20代では有休を取得して延長する動きも

10連休以上になる人も

10連休以上になる人も

今年の年末年始は、12月28日(土)から1月5日(日)の9連休となる会社が多いと予想される。これに関連して、エクスペディア・ジャパンは10月31日、「年末年始の休み」に関する意識調査の結果を発表した。調査は2019年9月14日~16日にかけて実施し、20代~50代の会社員男女の400人から回答を得た。

87%の人が「年末年始に休みがある」と回答。続けて、何連休になるかを聞いたところ、「9連休」が38%、「10連休以上」が7%となった。半数近くが9連休以上になるようだ。

業界によっては「何連休になるかわからない」も多数