月13万円支給する代わりに生活情報を全て収集・マネタイズ 社会実験の参加者募集中!

社会実験「Exograph」開始

社会実験「Exograph」開始

IT企業のPlasmaは11月1日、「人間はただ生きているだけで価値を生み出せるか?」を問う社会実験「Exograph」を開始した。

1か月間、自室にカメラを設置して動画でデータ収集される代わりに、都内在住で30歳前後の人物に支給される生活保護費と同額の13万2930円が提供される。現在、参加者を募集している。

もし、ある人間の”1か月の生活すべてのデータ”を売れるとしたら売るのか、また買ってくれる企業はいるのかという”プライベートをマネタイズ”は可能なのかを考える社会実験だ。収集したデータで、これらの費用がまかなえるかに挑戦する。

AI・ロボットが発展し、働かなくてもいい人が出てきたら?