デキるビジネスパーソン 成功の秘訣は“ひとり時間”の過ごし方? 近年話題の“ソロ活” その実態が明らかに!

ookawa12249V9A2967_TP_V

近年、「ひとり焼肉」「ひとりカラオケ」を筆頭に、従来は複数人で楽しむものとされていたことの『おひとりさま用サービス』の需要が高まっています。

そこで、Gabaマンツーマン英会話では、ビジネスパーソン1,000名に対し、あえてひとりで行動や体験をして楽しむ“ソロ活動”(以下、“ソロ活”)に関する意識調査をおこないました。ビジネスパーソンは、どのようにソロ活と向き合っているのでしょうか?

・調査対象:ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする 全国20~69歳の男女ビジネスパーソン
・調査機関:2019年10月1日~10月3日
・調査方法:インターネット調査
・調査地域:全国
・有効回答数:1,000サンプル(有効回答から各性年代が均等になるよう抽出)
・実施機関:ネットエイジア株式会社

ビジネスパーソンの86%が“ソロ活”好き!半数以上がソロ活経験者

1,000名のビジネスパーソンに対し“ソロ活”への意識を尋ねたところ、「ありだと思う(肯定派)」は85.6%、「なしだと思う(否定派)」は14.4%で、ソロ活に肯定的な人が大多数となりました。また、ソロ活の経験の有無については「ある」と回答した人は全体の56.8%で、ビジネスパーソンの半数以上が、ソロ活を経験していることが判明しました。普段、仕事では何かとまわりに気を遣うことが多いビジネスパーソンにとって、ひとりの時間を確保し、物事に没頭する時間が必要だという声が多いようです。

1_ソロ活はありだと思うか 2_ソロ活の経験があるか

ソロ活に費やす平均金額は13,254円/月 年代別では60代がトップ

ソロ活経験者(568名)に、ソロ活にかけている1ヵ月あたりの金額を聞いたところ、「10,000円~20,000円未満」(28.3%)や「5,000円~10,000円未満」(23.4%)に回答が集まり、平均額は13,254円となりました。年代別では、最も高かったのは60代(14,678円/月)、最も低かったのは30代(11,228円/月)でした。30代で一度費やす額が減るものの、以降は時間とお金に余裕ができてくるのか、徐々に利用額は増加していくようです。

3_ソロ活にかけている1ヵ月あたりの金額の平均

「視野が広がった」「知識・経験が上がった」「自信がついた」ソロ活の効果で仕事もスキルアップ!

ソロ活経験者は、活動後の実感について【ソロ活をしたら視野が広がった(60. 6%)】、【生活充実度が上がった(59.0%)】、【知識・経験が増えた(57.7%)】、【自信がついた(52.8%)】などと回答。ソロ活を行うことで、ものの見方・考え方や生活そのものに、プラスの効果があったという人が多いようです。

それだけでなく、【ソロ活をしたら仕事のスキルが上がった】と回答する人も多く、特に20代男性はソロ活の経験が、ビジネス上での自身の成長に繋がっている人が多い(30.0%)ことが分かりました。具体的には、「仕事が楽しくなった」「仕事での行動力が上がった」(いずれも35.6%)、「仕事での決断力が上がった」(32.4%)、「仕事の生産性が上がった」(22.1%)、「営業トークでソロ活ネタが使えた」(17.1%)などと回答。仕事への取り組み方や、仕事の質に関して、プラスの効果が表れたようです。

4_ソロ活の効果 ソロ活を行ったことによる経験 5_ソロ活を行ったことによる経験_仕事のスキルが上がった

年代別にみると、30代では「営業トークでソロ活ネタが使えた」(30.8%)が、他の年代と比べて高い割合となりました。自身のソロ活ネタを取引先とのコミュニケーションに活かし、ビジネスチャンスを広げているビジネスパーソンも多いようです。

6_ソロ活での経験が仕事で役立ったと思うこと

普段のコミュニケーションから少し離れ、自分のために時間を充てられるソロ活。このたびの調査結果から、ビジネスパーソンのソロ活は、自身のメンテナンスだけでなく、仕事での更なるステップアップを目指した『自己の貯蓄』と捉える人も多くいることが分かりました。

自分のために時間をつかえ、新たな発見も得られると人気のソロ活。まだ経験したことがないビジネスパーソンの皆さん、一度試してみてはいかがでしょうか。

調査元:Gabaマンツーマン英会話
URL:https://www.gaba.co.jp/

ビジネスパーソン1,000名に聞いた ソロ活に関する実態調査2019 プレスリリースはこちら
URL:https://www.gaba.co.jp/release/release191107.html