ブラック企業勤めの40代男性「家族を人質に捕られているよう。一度くらい子どもをディズニーランドに連れて行きたかった」

ブラック企業の体験談について綴られている。

ブラック企業の体験談について綴られている。

人生は一度しかない。せっかくなら楽しく生きたいものだが、本来なら経験しなくていいことをしてしまったり、それが原因で人生を狂わされてしまったりする場合もある。”ブラック企業”も経験しなくていいもののひとつだろう。キャリコネニュース読者からは、

「執拗な恫喝と土下座の強要」(40代男性、技術職)
「インフルエンザで休日出勤を強要する」(40代男性、営業職)
「勤めていた10年で2人の社員が自殺しました」(40代男性、営業職)

といった声が寄せられた。その中から今、技術職の40代男性が受けた、ケチで独裁的な社長に対する18年分の蓄積を紹介する。

「旅費の30万円は現金で俺のところに返しにこい」