「コミュ障」でも面接に受かるには? ギリギリ許される方法はこれだ!

コミュ障が面接を突破するには

コミュ障が面接を突破するには

人前に出ると極度に緊張し、うまくコミュニケーションが取れない……。そんな悩みを持つ人もいるでしょう。「コミュ障」の人が採用面接で思ったような対応ができないと、人生を左右しかねません。面接の場で許されるギリギリの方法について、人材研究所代表・曽和利光氏がアドバイスします。

コミュニケーションが苦手な人のことを、「コミュ障」と呼ぶことが若者を中心に定着しています。実際の障害の有無とは別の俗称ですが、日本人は対人緊張度の高い人が多く、コミュ障を自称する人もたくさんいます。

かなり訓練したのでいまでこそ何とかなっていますが、実は私もコミュ障でした。人と話がちゃんとできない。話をきちんと聞けない。言いたいことが伝わらない。人といるととても緊張してしまう等々。今でも家庭では話が通じないと、妻にいつも怒られています。

そういう人は、なべて面接など大の苦手ではないでしょうか。各種研究で分かっているように、面接はさほど精度の高い選考ではありません。しかし現状では選考における面接の比重は高く、面接が苦手なだけで世に出ていけない人がいるおそれもあります。

これはおかしなことだと思いますが、この慣習をすぐに変えることは難しく、応募者側で対策を考えざるを得ません。そこで今回は「コミュ障」の人たちが面接を突破するためにどうすればよいのか、考えてみたいと思います。(文:人材研究所代表・曽和利光)

まずは落ち着くこと