飲食店の無断キャンセル理由1位「とりあえず予約」 グルメサイト経由で予約して行かないケースが多い模様

無断キャンセルはよくないという認識が広がっている

無断キャンセルはよくないという認識が広がっている

TableCheckは11月14日、「飲食店の無断キャンセル」に関する調査結果を発表した。調査は11月中旬にネット上で実施し、全国の20~60代の男女1112人から回答を得た。

近年、社会問題になっている無断キャンセル。無断キャンセルをしたことがある126人に理由を聴いたところ1位は「とりあえず場所を確保するために予約」(34.1%)となった。その後「人気店なのでとりあえず予約」(32.5%)、「予約したことをうっかり忘れた」(30.2%)が続く。

7割以上の人が「キャンセル料支払いは妥当」と認識