大手メーカーの男性が”うち、ブラック企業だ”と思った瞬間「昭和何十年だ!と言いたくなる糞ソフト」「月80時間残業は当たり前」

総合電機メーカーなのに、資料作りはエクセルと自社ソフトを使用、正規のマニュアルもなしという会社も

総合電機メーカーなのに、資料作りはエクセルと自社ソフトを使用、正規のマニュアルもなしという会社も

入社するまでブラック企業だと気づかなかった、という人は少なくない。どのような瞬間に、「この職場、ブラックだ」と判断するのだろう。キャリコネニュース読者からは、

「勤務時間が14時間超えなのに、休憩15分。食事というか、ただのカロリー摂取を屋外の非常階段で済まし、勤務に戻る日々だった」(30代女性、管理・事務職)
「ガス関連会社なのに、社内での喫煙がOKだった。『本当に現代の会社か?』というようなところ」(30代男性、技術職)

といった声が寄せられた。中には、

「入社3か月で九州から大阪転勤。未経験なのに研修もなく、客先へ放り出される。残業代もなし」(20代女性、技術職)

という新人なのに酷な扱いをされた時に感じたという人もいた。ある20代男性もその経験があるという。新卒で総合電機メーカーに就職したが、入社当初は研修中の残業もなく「退屈な日々が続いていた」という。

しかし、先輩社員が退職したことで状況は一変。人手不足により、男性をはじめとする新人の業務が大幅に増えた。

「マニュアルは、一子相伝の口頭説明のみで受け継がれている」