手取りが低くて困窮する人々の声「アラサー正社員で15万円以下」「恥ずかしくて周りに言えない」

「生活のために残業をせざるを得ない」という声も

「生活のために残業をせざるを得ない」という声も

ここ最近、「勤続12年で手取り14万円」をはじめ、世間では薄給を訴える人の声が頻繁に取り上げられる。企業口コミサイト「キャリコネ」にも

「営業や事務を兼務していて、仕事量が多いにもかかわらず、給料は上がらない。手取りが少なく、生活が厳しい」(代理店営業/20代前半/女性/正社員/年収250万円)
「非常に低い給与水準で、世帯などはまったく持てない状況です。単身であればギリギリ生活ができる程度で、恥ずかしくて周りに言えないです」(店舗スタッフ関連職/20代前半/男性/契約社員/年収200万円)

といった声が寄せられている。「手取りが少なく、生活が厳しい」という声を紹介する。

「毎月5000円、労組費として引かれる」