前澤友作氏、募集中の側近“年収1000万円は安い”に反論「最初から5000万円とか1億円とかもあり得ますよ!」

画像はツイッターをキャプチャ

画像はツイッターをキャプチャ

「ZOZO」創業者で実業家の前澤友作氏が12月20日、”側近”の募集を始めた。前澤氏とともに新規事業の立ち上げに携わるのだそうで、年収は「1000万円以上」とされており、ネット上では驚きの声も挙がっていたが「前澤さんクラスの事業にしては安いのでは」といった声もあがっていた。

これに対して同日、前澤氏はツイッター上で反論した。

「前澤の側近が1000万円じゃ安すぎる、って意見出てますが、よーく見てください!『1000万円~』ですので、場合によっては、最初から5000万円とか1億円とかもあり得ますよ!猛者を待ってます!」

前澤氏の”閃き””直感”を基にビジネスとして事業化していく仕事