終身雇用はもう時代遅れ? 「熱量のある若手は辞める人も多い」「どんなに優秀でも年次を重ねないと出世しない」

終身雇用はもう時代遅れなのか?

終身雇用はもう時代遅れなのか?

定年まで勤め上げることを前提にした「終身雇用」は、長きにわたり日本の雇用方法における常識だった。しかし、昨年のトヨタ自動車・豊田章男社長の「終身雇用を守っていくのが難しい局面に入ってきた」という発言にみられるように、今後も当たり前であり続ける保障はなくなってきている。

こうした大企業による「終身雇用の終えん発言」は、SNSやメディアでも度々話題になる。企業口コミサイト「キャリコネ」にも、終身雇用に関する口コミが寄せられている。【参照元:キャリコネ】

「チャレンジ精神や改革精神がある人には向かない」