退職を決意した瞬間「バツイチの私を”他人が食べたガム”よばわり」「職場に盗聴器をしかける社長」

ブラック企業の信じがたいエピソード

ブラック企業の信じがたいエピソード

仕事を辞めたいと思う瞬間は、人によって違う。他人に気づかれず一人で苦しんだ経験がある人も多いだろう。キャリコネニュース読者から寄せられた、退職にまつわる体験談を紹介する。

営業職の20代男性は、新入社員歓迎会の際に”退職”の2文字が頭をよぎったという。歓迎会も中盤になり、毎年恒例の新人社員による一発芸大会を支店社員の前で披露したときだった。

「最初は断っていたのですが、そんなことはなんのその。強制的にやらされて、頑張ってやった一発芸にくすりともせず。やらせておいて笑わない一発芸大会は苦しかったです」

男性の育休を奨励する会社で4か月の育休取得→復帰後に年収100万円ダウン