懐かしい? 昔のパチンコ店の風景 ハネモノ機の充実、保留玉連チャン、パンチパーマに咥え煙草の店員

昔はよかったって、本当?

昔はよかったって、本当?

僕は子供の頃、近所のパチンコ屋の中が気になって気になってしょうがなかった。あれはたしか1992年頃のことだ。しゃがんでガラス越しに、店内のチンジャラ音を聞きながら中を見渡していると、パンチパーマの怖そうな店員が、咥え煙草で巡回していたものだ。たまに目が合おうものなら、思いっきりメンチを切られたものである。

それから時間が流れて2004年頃になると、僕はパチンコ屋に堂々と出入りするようになった。が、このときがちょうどパチンコ屋の、見てくれの変化の転換点だったように感じられる。前述のような治安の悪そうな環境の店もあれば、とってつけたような不気味な笑顔で接客する大手ホールの台頭が加速しつつあった。(文:松本ミゾレ)

「常連のおばちゃんで毎日4万ぐらいモーニングで勝ってる人がいた」