多様性が原因で困ったエピソード「意見がまとまらない」「熱意に温度差」

多様性が必ずしもポジティブに働くとは言い切れないようだ

多様性が必ずしもポジティブに働くとは言い切れないようだ

リクルートマネジメントソリューションズは1月、「多様性があるチーム」に関する調査結果を発表した。調査は2019年9月にネット上で実施し、従業員300人以上の企業で働く22~59歳の会社員351人から回答を得た。

職場やプロジェクトなどの現在所属しているチームのうち、メンバーの多様性が最もあると思うチームの特徴を聞くと、人数ベースでは「5~10人」(35.9%)、「11~20人」(28.2%)と比較的小人数のチームが多かった。また、発足からの期間については、過半数が「3年以上」(53%)と答えた。

業務、人間関係ともに良好なチーム「年齢問わず発言しやすい」「相談しやすい」