京大教授「消費税5%にしないと日本経済は奈落の底に沈む」「政府は景気悪化を消費増税の責任と言いたくない」と指摘

景気はもうダメなのか

景気はもうダメなのか

増税後、景気は本当に良くなっているのだろうか。2月5日の「モーニングCROSS」(MX系)では、京都大学の藤井聡教授が消費税率を5%に引き下げることの必要性を語った。

経産省の発表によると12月の小売業販売額は前年比で2.6%減少。この原因について「暖冬の影響で暖房や衣類の売り上げが減少したため」と考えているようだ。これに対して藤井教授は、

「政府は消費税のせいで景気が悪くなったって言いたくないので、経産省から内閣府から官邸から、みんな一包みになって景気が悪くなっているのを隠蔽しているんですよ、と僕は思うんですよね」

と話す。また小売業販売額を見ると、「97年の5%増税、14年の8%増税、19年の10%増税、(小売業販売額は)どれでも増税すると前年同月比がズドンと下がっている」と指摘した。(文:石川祐介)

増税で経済状況が冷えこむ日本 今後様々な苦難が押し寄せ”令和恐慌”に?