辻仁成、パリ日本料理店のコロナ落書きの背景説明「理性を欠いた奴らは世界中どこにでもいる」

画像はツイッターをキャプチャ

画像はツイッターをキャプチャ

パリ郊外の日本食レストランの店先にフランス語で「コロナウイルス 消え失せろ」などと差別的な落書きがされる事件があった。これについてパリ在住の作家、辻仁成さんが2月20日、自身のブログで見解を述べた。パリの中華街でもこのような落書きがされているが、

「これを日本人が自分らのこと言われていると誤読してはいけない。書いた人間のレベルの低さを、フランス人が日本人に差別してるぜ、という風に置き換えてはならない。これは本当に注意するべきことだ」

と呼びかけた。

SNSでは「この店を応援しようぜ」という書き込みも