帰国子女が味わった孤独感、スポーツでの挫折経験から学んだこと

2011年にインテージに入社した高橋 秀将。グローバルリサーチの業務を通じて、主に日本企業の海外におけるマーケティング活動を支援しています。そんな彼の仕事に対する“プロ意識”の背景には、高校、大学と熱中したアイスホッケーがありました。チームとして意識を大切にする、彼の想いをひも解きます。【PR Tableで読む】

アメリカでの学生生活、アイスホッケーに没頭する日々