「ひきこもり」が他人事じゃない就職氷河期世代 自分が働けなくなる事態に怯えて

誰もが引きこもりになる可能性を秘めている

誰もが引きこもりになる可能性を秘めている

中高年の引きこもりが話題になって久しい。内閣府が2018年に実施した生活状況に関する調査によると、就職氷河期世代を含めた40~64歳の引きこもりは推計で61万人に及ぶ。中には、引きこもりを「甘えている」などと批判する声もあるが、誰もが突然引きこもる可能性を秘めており、必ずしも他人事とは言えない。

かくいう筆者も、短期間ながら引きこもりを経験したことがある。当時の経験を踏まえ、今回は引きこもり問題について考えてみたい。(文・ふじいりょう)

ストレス過多で突然”寝たきり生活”に