厚労省、新型コロナ検査に”ドライブスルー方式”を実施しない理由「医師の診察を伴わないことが多いため」

画像はキャプチャ

画像はキャプチャ

厚生労働省は3月15日、日本で「ドライブスルー方式」のPCR検査を実施しない理由を説明した。PCR検査は、ウイルスの遺伝子を検出する検査のことで、世界的に流行している新型コロナウイルスの検査でも用いられている。

アメリカや韓国などでは、自家用車に乗ったまま検査を受けられる「ドライブスルー方式」を導入している。同方式では、検査時間が短縮でき、病院で待機中の感染リスクを軽減できるなどのメリットがある。

「診察を伴わない場合は、PCR検査の陽性的中率が低下します」