幽霊はいると確信した瞬間「火事で忘れられた人形が涙」「夢で死んだ祖母が“息子も連れていく”」

幽霊は、いる。

幽霊は、いる。

10代の頃、しょっちゅう金縛りに遭っていた。ある晩も金縛りに苦しめられて、やっとこさ体が自由になったため、すかさずインスタントカメラで部屋の様子を撮影したことがある。

何度シャッターを押そうとしてもビクともせず、それでも夢中で連打したらようやく「カシャ」と音が出た。ところが、出てきたフィルムはいくら時間が経っても真っ白いまま。フィルム1枚を無駄にしてバカバカしくなり、ふと「今何時じゃ」と時計を見たら、8月13日になったばかりだった。

幽霊はきっといるんだろう。僕はそう信じて暮らしているんだけど、世の中にはいる、いない以前に、ガッツリ見てしまったという人もいるようだ。そんな人たちの話って結構面白い。(文:松本ミゾレ)

角部屋に住むにぎやかな家族連れ 回覧板を回しに行くと……