前澤友作氏、新型コロナ対策の現金給付に「全員に無条件で配って、富裕層から税金徴収する方が効率良い」

画像はツイッターをキャプチャ

画像はツイッターをキャプチャ

ZOZO創業者の前澤友作氏が3月24日、新型コロナウイルスに対する経済対策についてツイッターで言及した。現在、政府が検討している現金給付で、富裕層は対象から外れる見込みであることが報道されると、前澤氏は

「政府が予定する全国民への現金給付の対象から富裕層が外れるそうだけど、仕分けるのも面倒で時間かかるだろうから、いったん全員に無条件で現金配って、コロナイヤーでも余力のあった富裕層からは、何らかの税金を臨時徴収する方が効率良いのではと思った」

といい、「もちろん僕は応じます」と投稿した。

「生まれ故郷に恩返しできない人は日本から出ていけばいい」