新型コロナ、ドラックストア店員を困らせる高齢者「マスク在庫なしでも毎朝長蛇の列」「いつも同じ顔ぶれ」

画像はイメージです

画像はイメージです

新型コロナウイルスによるマスク品薄が続いている。そうした中、日々の対応に悪戦苦闘しているのがドラックストアだ。キャリコネニュースにはドラッグストアなどで働く人々から

「私のところもマスクの行列はありますが、常連の年配者は並ばないでほしい」(50代女性/愛知県)

といった声が寄せられている。山形県の20代女性も、

「ティッシュペーパーやトイレットペーパーなど紙類の買い占めがある。でも若い人たちは張り紙を見て常識の範囲内での必要な分しか購入しない。それにひきかえ年配の方は必要以上の爆買いをしようとする。高齢客は自分のことしか考えていない」

という。ドラックストア従業員の中には、年配者の行動を疑問に感じる人も少なくない。今回は店員が困り果てている年配者の行動を紹介する。(文:鹿賀大資)

「綺麗な使い捨てのマスクをして、ストック用のマスクを買うために3時間もおしゃべり」