内閣支持率、無党派層ではわずか9% 「黒川前検事長は懲戒免職にすべき」が5割以上

内閣支持率の減少に歯止めがかからない

内閣支持率の減少に歯止めがかからない

社会調査研究センターは5月25日、「新型コロナウイルス禍の世論調査」の結果を発表した。調査は5月下旬に電話とショートメールで実施し、計1019人から回答を得た。

5月23日時点の安倍内閣の支持率は26.7%で、同月6日調査時の39.7%、4月8日調査時の43.8%から大きく減少した。不支持率は63.6%で、前回から18.4ポイントの増加。さらに、回答者の36%を占める無党派層に限定すると、内閣支持率は9.2%(不支持率は75.5%)と一桁に落ち込んだ。

5月25日の緊急事態宣言”解除”、過半数が「妥当」と判断