霊感持ち家系のライター、心霊スポットに行こうとしたら父から突然電話「やめておけ!呼ばれとるぞ!」

呼ばれている!?

呼ばれている!?

7月を迎え、本格的な蒸し暑さを感じるようになった。夏の風物詩といえば「怪談」だが、実は筆者、幼い頃から数々の不思議な体験をしている。

いわゆる「霊感が強い」ということだが、曽祖母・祖母・父・筆者と代々強く、妙な体験をしてきた。「幽霊を見た」といっても、例えばテレビの中から髪の長い女が出てきたり、階段の上から血まみれの女が降りてきたり……というような、映画みたいなことはない。

ただ、他の人には見えていないものが見えたり、夢や勘が当たったりすることがよくある。今回は納涼シーズンということで、筆者の実体験をお伝えする。(文:コティマム)

→【父と娘の心霊夜話】の最新話はこちらから

ヤバいものに遭遇すると鳥肌、涙が出る