“マジ価値”を追求し続けたい──元トヨタマンのPMMが、freeeを選んだワケ

▲前職、南アフリカ時代

▲前職、南アフリカ時代

freeeでPMMとして部署を縦断した活躍を見せている社員、伊関 洋介。彼はかつてトヨタ自動車の社員としてアフリカで働いていました。そんな彼は、なぜベンチャー企業であるfreeeへと入社を決めたのでしょう。その背景にはfreee社員の共通項である「マジ価値の追求」という想いがあります。【talentbookで読む】

freee に最も可能性を感じた

freee株式会社

この会社にアクションする