テレワーク中のマネジメント、ベースになるのは「心理的安全性」 部下を知るための面談が重要

うまくマネジメントするには?

うまくマネジメントするには?

「部下が何をやっているかわからない」
「生産性を上げることができない」「仕事が進まない」

これらは、いずれもコロナの影響によりリモートワークが推進される中、マネジメントに苦悩する管理職の声です。しかし、数社の人事の方から最近、以下のようなコメントをもらうことがありました。

「コロナ前にしっかり部下マネジメントができていた管理職は、リモート環境でも問題なく仕事を進めています。逆に、できていなかった管理職は、リモート環境でうまくマネジメントが出来ていません」

今から「コロナ前に、うまく出来ていなかったからな」と嘆いても始まりません。今回は、リモート環境になって組織マネジメントの難しさを感じているみなさまに、ウェブ面談の切り口から、今後必要になってくることをお伝えします。(文:働きがい創造研究所社長 田岡英明)

マネジメントがうまい人と下手な人の違いは? 5つのポイント