独身で年収600~800万円の暮らし 「幸せな生活です」「日用品は値段を気にせず買える」

ほぼ貯蓄できていません……

ほぼ貯蓄できていません……

世帯年収600~800万世帯の生活感とはどんなものだろう。厚生労働省が発表している2017年度の平均世帯年収は551万6000円で、それ以上ではあるもののゆとりある生活とはいえない、という場合が多いようだ。

夫婦共働きで世帯年収800万円という埼玉県の40代女性(流通・小売系)も、現状に満足は出来ていない。その理由について、

「2人の娘がいて、中3と小4です。今は塾代が半端なく高いので困っています。ほぼ貯蓄できていません」

という。また女性は「2人とも公立を落ちて私立になると、通わせられるか心配でたまりません」と不安も拭えない。一方、

「ひとり暮らしのため満足している。仕事を頑張ったご褒美として、ブランドものを買うこともある。とはいえ調子に乗りすぎると、月の収入より支出が多くなる。基本的には節約しなくても貯金はできているが」(20代女性/神奈川県/サービス系)

といった声も寄せられている。金融・保険系勤務の埼玉県の50代女性も「独身で余裕があります」という一人だ。(文:鹿賀大資)

「都内在住のため家賃と駐車場代が高い」というが……