世帯年収1400万円のリアル「使えるものは古くても使い、壊れたら買う」「子どもの学校選びは基本公立」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

世帯年収1400万円のリアル「使えるものは古くても使い、壊れたら買う」「子どもの学校選びは基本公立」

画像はイメージ

世帯年収1400万円と聞くと、一般的な家庭より少し贅沢な生活を送れそうなイメージだが、実際はどうなのか。同世帯年収のキャリコネニュース読者から寄せられた投稿を紹介する。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/6FE3D7NZ

「主人と私は大体のものをリサイクルショップで調達しています」

世帯年収1400万円の兵庫県の30代後半女性(パート/その他/子ども2人)は、現在の生活感について次のように明かす。

「旅行やブランドものにさほど興味はない。使えるものは古くても使い、壊れたら買う。外食は土日の昼が多いと思う。子どもの学校選びは基本公立だが、塾代が高い。どうやっても長期休みや検定代などさまざまプラスでかかってくるが、私立に行かせるよりはいいだろうと思っている」

世帯年収の割に目立った贅沢のない生活を送っているようだが、女性は「満足している」と述べた。

意外に堅実な生活を送っている世帯年収1400万円の人はほかにもいる。愛知県の50代後半男性(IT・通信系/正社員/子ども1人)は、

「スーパーでは夕方の割引商品(を買う)。お酒は飲めない。外食は年に数回。旅行は国内が3年に1回」

と綴る。

また、世帯年収1400万円の埼玉県の50代前半女性(パート/流通・小売系)も、

「長男の教育ローンの返済中です。次男は今、薬学部の大学5年生で、教育ローンを借りている最中です。普段の生活は無駄のないように気を付け、主人と私は大体のものをリサイクルショップで調達しています」

とリアルな生活感を語っていた。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ