年収250万円、30代女性の叫び「給料減で副業を始めた。休みはなく自分の時間も恋人との時間も失った」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

年収250万円、30代女性の叫び「給料減で副業を始めた。休みはなく自分の時間も恋人との時間も失った」

画像はイメージ

コロナ禍の影響で打撃を受ける企業は少なくない。キャリコネニュースの手取り20万円以下の人を対象としたアンケートに、30代前半の女性から

「コロナ禍で一時的だとは思うが、給料が減ってしまったため去年から副業を開始した」

という声が寄せられた。女性は手取り月18万5000円(サービス系/契約社員/年収250万円)で東京都内に一人暮らしをしているという。文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「給付金はもうもらえないんですかね? 5万円でも3万円でも大変助かる」

女性は「現在の給料額は仕方ないと受け止めているが、家賃がもう少し安くなればいいなと強く思う」と心情を吐露。家賃の高い都内で一人暮らしを続けるには、やはり副業が必須なのだろう。しかし会社に勤めながらの副業は多大な苦労をともなうようで、

「おかげで休みはほぼなく、自分の時間も恋人との時間もほぼ失った。でも現実を受け止めて頑張るしかない」

と悲しい現実を語った。困難を自力でなんとか乗り越えようと踏ん張る女性だが、

「心のどこかでは『給料上がれ』と叫んでいる。きっとほかにもつらい思いで生きている人がいると想像すると、今の給料で納得せざるを得ない気もする。早く昔の日常に戻ってほしい」

「給付金はもうもらえないんですかね? 5万円でも3万円でも大変助かる。それか家賃補助とか。正直、毎日お金のことで頭がいっぱいだ」

と切実な本音もこぼしていた。一体、コロナ禍はいつになったら収束するのだろうか。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ