みやぞん「自分の機嫌は自分で取る。人に取ってもらおうとしない」が反響呼ぶ 「上司に聞かせたい」「ボスになってほしい」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

みやぞん「自分の機嫌は自分で取る。人に取ってもらおうとしない」が反響呼ぶ 「上司に聞かせたい」「ボスになってほしい」

お笑い芸人・みやぞんさんが過酷なロケの最中に放った一言が話題を呼んでいる。4月22日放送の「世界の果てまでイッテQ」(日本テレビ)に出演したみやぞんさんは、インド北東部にある滝を目指して、11日に渡るロケを敢行。最後は滝までの階段6000段を上らなければならなかったが、「自分の機嫌は自分で取る」と言い、笑顔のまま階段を上りきった。

「自分の足でほんとうに来たなっていう感じがします」

画像は浅井企画のホームページのキャプチャ(左がみやぞんさん)

画像は浅井企画のホームページのキャプチャ(左がみやぞんさん)

みやぞんさんが出演したのは、目標を達成するまで何日かかっても終われない「世界の果てまでイッタっきり」というコーナー。インド北東部にある、常に虹のかかっている滝の下で一曲歌うというのが今回のミッションだ。

滝を見るためには、インド北東部にあるバッグドグラという都市からバスや寝台列車を乗り継いでメガラヤ州のノングリアット村まで行く必要がある。途中、ぎゅう詰めのバスに3時間揺られたり、寝台車が一晩中到着しないといったトラブルに見舞われながら、11日掛けてノングリアット村まで到着した。

しかし滝を見るためには、そこからさらに6000段の階段を上っていかなければならない。階段は、カメラマンの両足がつり、通訳の男性が逃げ出してしまう程のものだった。それでもみやぞんさんは、

「幸せだな。もっと上りたいな。まだまだ登れる幸せ。自分の機嫌は自分で取って、人に取ってもらおうとしない!ツイてるぞ!幸せだな!」

と自分を励ましながら、笑顔で階段を上りきった。滝に到着した後も、

「電車とかピュッと行けるじゃないですか、今の時代。自分の足でほんとうに来たなっていう感じがしますね。これは初めての体験です」

と過酷な長旅をポジティブにとらえていた。

「こういう人にボスになってほしい」

この発言はネットで話題となり「みやぞんすごい」「こういう人にボスになってほしい」といった声が相次いだ。

「みやぞんが山登り中の最悪な状況下で『自分の機嫌は自分で取る!人に取らせない!』みたいなこと言ってニコニコしていて、本当に格好良くて素敵な方だなと思った。都合が悪くなると黙り込んで職場の雰囲気を悪くする上司に聞かせたい…」

都合が悪くなったり、気に入らないことがあったりすると機嫌が悪くなる人は少なくない。その場の空気が悪くなる上、周囲はその人の機嫌を取ろうと余計な気を使うことになってしまう。

その点、どんなにロケが過酷でも「自分の機嫌は自分で取る」と宣言し、上機嫌で6000段上りきったみやぞんさんの態度は、簡単に出来ることではない。見習いたい、誰かに見習ってほしいと思った人が多かったのも頷ける。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ