宮迫博之、YouTubeで謝罪するも低評価相次ぐ「結局言い訳と保身」「甘えている」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

宮迫博之、YouTubeで謝罪するも低評価相次ぐ「結局言い訳と保身」「甘えている」

画像は動画をキャプチャ

画像は動画をキャプチャ

闇営業問題で謹慎中だった雨上がり決死隊・宮迫博之さんが1月29日、ブログを開設し、YouTubeに動画を投稿。動画では騒動への謝罪や相方・蛍原徹さんへの思いなどを話したが、低評価が相次ぐ事態となっている。動画は、

「ご無沙汰しております、宮迫です。お騒がせした騒動から半年経ちましたけど、ここで改めてご迷惑をおかけしたすべての皆様、ご心配をたくさんおかけしたすべての皆様にもう一度改めて謝罪させてください」

という謝罪から始まる。

半年間悩んだ結果、「YouTuber」になることを決意

宮迫さんは現在、吉本興業と「契約を解除されている状態」といい、「(明石家)さんまさんの計らいで、今さんまさんの個人事務所に預かって頂いている状態です」と説明する。吉本興業と話はしているが、今後どうなるかは未定だという。今の思いとして、

「大好きな待ってくれている番組のスタッフ、そして何より30年以上誰よりも一緒にいて苦楽をともにした相方の横に戻りたいです。これはすごい我儘だと思うんですけど、戻りたいです」

と語る。戻れるかわからないが、「最善の努力というのを、できることなんでもしていこうと思っています」。この半年間、悩まなかった日はないといい、引退も考えたが、

「お笑いが好きなんですよ。仲間と笑い合って仕事して、それを観てくれた人が笑って、元気をもらったって言ってくれるような、そのお笑いの仕事っていうのが本当に好きなんだなっていうのが半年も初めてこの仕事離れてみて本当に実感しました」

と胸中を明かす。何ができるかを考えた時、YouTubeがあったという。

チャンネル開設日は昨年11月「復帰する気満々だったのがもうアレ」

自身が「YouTubeを敵として観てる(テレビ)側の人間だったんですけど」というが、「この場所が僕にとって一番自分を出せる場だと本当に思った」といい、YouTuberデビューを決めた。

「もちろん長い付き合いの仲間から『YouTubeに出るなんてやめてくれ』という意見もありました。でもやらせてください。何ができるかわかりませんが、この場所でまた皆さんに認めてもらえるように、許してもらえるように、できることは何でもやります。一からがんばります。チャンスください」

29日12時現在、動画への低評価が約8500件で高評価(約5800件)を大きく上回っている。コメント欄には、復帰を待つ声も寄せられたが、「宮迫さん応援してたけど、こんなに甘えた人だとは思ってなかった。がっかりしてしまいました」「結局言い訳と保身だけの発信かよ 変わってねーな」といった酷評が相次いでいる。

また同チャンネルの開設日が昨年11月であることを挙げ、「復帰する気満々だったのがもうアレと思われても仕方ない」「反省してたと思ってたけど悲しくなったわ」といった声も寄せられている。

【PR】注目情報

関連記事

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ