ヒカキンが害虫を野外に放したのは”不適切”? 視聴者が真似すると「生態系がめちゃくちゃになる」と昆虫系YouTuber懸念 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

ヒカキンが害虫を野外に放したのは”不適切”? 視聴者が真似すると「生態系がめちゃくちゃになる」と昆虫系YouTuber懸念

画像はYouTubeをキャプチャ

画像はYouTubeをキャプチャ

YouTuberのヒカキンさんが育てた虫を野外に放したことに対し、「不適切だ」という声があがっている。

ヒカキンさんは7月10日投稿の動画で、買ったピーマンの中に「タバコガ」という蛾の幼虫が入っていたと報告。公園などに放そうかと思ったが、梅雨時期ということもあり死んでしまうかもしれないと思い、"むしお"と名付け、タバコガが害虫であることを認識した上で「新しい家族」として育てていた。

8月9日投稿の動画では、場所は定かではないが成虫になったむしおを草むらに放すところが収められている。これに対して、"生物観察の鬼"として昆虫などの動画を投稿しているYouTuberのおーちゃんが「むしおくんを逃がすのは不適切だったと思います」とコメントしている。

「生き物を飼うなら最後まで責任を取って看取ってください」

おーちゃんは8月10日、「ヒカキンさん、むしおを逃しちゃダメだよ…」という動画を投稿。むしおは、放した場所にいたタバコガと違う遺伝子を持っている可能性があるため、「その遺伝子が人為的に撹乱されてしまう」と懸念を示した。

また、むしおは放たれた地域にはない病原菌を持っていた可能性があるとも指摘。1匹の害虫を放すことは「生態系に影響はないと思う」というが、ヒカキンさんは日本で最も有名なYouTuberの一人だ。そのため

「それを見た何百人、何千人、何万人もの皆さんが、何百匹、何万匹という生き物を放してしまうと、生態系がめちゃくちゃになってしまう可能性がありますので。(略)よその生き物を野外に放つのはよくないことだということを、分かってほしくて動画にしてるんです」

と訴えた。またそもそもタバコガは害虫であるため「放すのはまずい」と指摘し、「生き物を飼うなら最後まで責任を取って看取ってください」とコメントしている。

一方で、「ヒカキンさんを強く非難するつもりはありません」とも語る。わからない人には非難するのではなく「優しく教えてあげればいいんです」と話した。

これを受け13日現在、ヒカキンさんに動画コメント欄には「HIKAKINさん、どうか『おーちゃんねる』を見てください。放虫するのはいろいろな問題がありました」といった声が相次いでいる。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ