「静かにしーや!あんたの葬式やで!」母親の衝撃的な寝言を忘れられない男性 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「静かにしーや!あんたの葬式やで!」母親の衝撃的な寝言を忘れられない男性

イメージ画像

未だに思い出す……(画像はイメージ)

子どもの頃は、親の状況も考えずに勝手気ままにふるまうことは誰にでもある。それがもとで忘れられない一言を言われたキャリコネニュース読者から、こんなエピソードが届いた。大阪府の20代男性(企画・マーケティング・経営・管理職/年収350万円)は、

「15年ほど前、私が小学生の頃、私は母と同じ部屋で寝ていました」

と語りだした。(文:okei)

※キャリコネニュースでは「親に言われた衝撃的な言葉」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/T1VGTI8Q

「私の話がその夢に割り込んできたのか…」

「当時私は活発な小学生で23時頃でも体力が有り余っており、布団に入りながらその日起こったことや友達のことを母に話してました」

と振り返る男性。「ある日の夜、私は同じように母に向かって話して」いたという。しかし……

「母は疲れており、うとうとしながら私の話を聞いてくれていました。それに気づかず私がマシンガンの如く話していると母はすでに夢の世界に落ちており、私の話がその夢に割り込んできたのか 『静かにしーや!あんたの葬式やで!』と私のことを叱りました」

「何を言われたのか理解できずしばらく黙り込んで考えましたが、当時の私にはよく分からずそのまま私も眠りにつきました」

母親は夢の中で息子の葬式をあげつつ、やかましい息子を叱り飛ばしたというわけだ。矛盾しすぎる夢に男性は、

「次の日母に聞いてもそのような夢は覚えていないということで、どんな夢だったかは15年経った今でも謎のままです」

と報告していた。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ