母親に「お前は何を着せてもパッとしないね!」と言われた女性の苦い記憶 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

母親に「お前は何を着せてもパッとしないね!」と言われた女性の苦い記憶

画像はイメージ

親から言われた言葉は、良い意味でも悪い意味でも、子どもの心に残り続ける。今回は

「傷ついた記憶が強く印象に残っている」

と語る埼玉県の60代女性の声を紹介する。(文:草茅葉菜)

※キャリコネニュースでは「親に言われた衝撃的な言葉」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/T1VGTI8Q

「不細工な私のために母親がイライラしながら選んだ服を試着すると……」

女性は、小学生の時に服を買いに行った際、母親からかけられた言葉が忘れられないという。

「不細工な私のために母親がイライラ しながら選んだ服を試着すると『まったくおまえは何を着せてもパッとしないね!』と言われた」

女性は「そんな私なので気に入った服など買ってもらえず結局どんな服を母親が選んだか覚えていない」と語る一方で、「傷ついた記憶が強く印象に残っている」と当時心に負ったダメージの大きさを振り返った。

「確かに私は母親に似ていなかったが60歳を過ぎた今も忘れられない」と投稿を締めくくる女性からは、どこか悲しげな雰囲気を感じる。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ