かつて結婚式をドタキャンした友人と絶縁にいたるまで | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

かつて結婚式をドタキャンした友人と絶縁にいたるまで

画像はイメージ

いくら付き合いが長い友人でも、何でもかんでも許せるわけではないだろう。青森県の50代前半女性(教育・保育・公務員・農林水産・その他/年収100万円)は小学校からの友人について語った。(文:谷城ヤエ)

キャリコネニュースでは「友人と絶縁したことある人」をテーマにアンケートを行っています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/LQ1RHMHG

「独身の彼女と家族持ちの私の金銭感覚が違う」

「小学校からの付き合いのある友人。元々待ち合わせに遅れてきたり私の結婚式のドタキャン、遠方に嫁いだ私の所へ遊びに来るとあちらから言ってきたのにドタキャンをする事数回等々振り回されてきたのですが、それでもまぁ仕方がないと許してきました」

度重なるドタキャンにうんざりしつつも広い心で許してきた女性。しかし女性はある出来事をきっかけについに痺れを切らす。

「私の娘が私立の進学校に入学した時に『勉強も大変になるし私もパートの時間を伸ばしたから前のようには遊べなくなるよ』という事を伝えました。すると彼女はメールで突然キレて『私と遊ぶとお金がかかるって言われてるみたいだ!』と言ってきた」

理不尽にキレ始めた友人。自分の思い通りにならなくなることに不満を感じたのだろうか。さらに

「『私立がお金かかるのは私だって分かってるよ』とか『そんなに勉強が大変ならお洒落する暇もなくなるんでしょうね!?』と言って、お祝いだと言って送ってきたのは菓子折り1つ…」

「お祝いが欲しいわけではありませんが、あまりにも大人としてどうかと思ってしまった」という女性。自分勝手な友人と今後も無理に付き合う必要はないだろう。

「独身の彼女と家族持ちの私の金銭感覚が違うというのがまるで分かってくれないので スマホを変えるついでに番号も変えて連絡を絶ちました」

と綴っていた。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ