「“東京へ来ないで”と言うが、仕方なく通勤しているだけ」緊急事態宣言に思うこと | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「“東京へ来ないで”と言うが、仕方なく通勤しているだけ」緊急事態宣言に思うこと

緊急事態宣言下でも、自粛の気持ちが薄れている…

緊急事態宣言下でも、自粛の気持ちが薄れている…

コロナ禍がここまで長引くとは、一体誰が想像できただろうか。このたびの三度目の緊急事態宣言を受けて、戸惑いを感じている人は多いだろう。ただ、一度目より二度目、二度目より三度目のほうが、"慣れ"が出ていることも否定できない。

神奈川県の40代男性(事務・管理/正社員・職員/年収450万円)は

「もはや『緊急事態』という言葉の響きが弱まり、最初の緊急事態宣言と比較して、自粛の気持ちが薄れている自分が怖い」

と本音をもらす。たしかに、テレビで報道される街行く人を見ていると、自粛ムードが薄れてきていることを感じずにはいられない。三度目の緊急事態宣言のさなか、人々は何を思うのだろうか。(文:大渕ともみ)

「一部の地域だけじゃなくて、全国に緊急事態宣言を出すべき」

神奈川県の40代男性(ITエンジニア/正社員/年収450万円)は「終わりありきの緊急事態宣言だし、効果があるのかわからない。何のための宣言なのだろう」と疑問を抱く。また、

「『東京へ来ないで』と言うが、行きたくて行っているのではない。会社がテレワークを導入しないので、仕方なく通勤しているだけ。飲食店への制限だけでなく、罰則付きで企業へテレワークの義務付けをしてほしい」

と訴えた。神奈川県に住む、別の40代男性(サービス・販売・外食/パート/年収100万円未満)は「一部の地域だけじゃなくて、全国に緊急事態宣言を出すべき」と持論を述べる。さらに政府への要望として、

「三度も緊急事態宣言が出ているのに、国民に支給するのが1回の給付金と使い物にならないマスク2枚だけなんておかしい。国民がどれだけ苦しい生活をしているのかわかっていない!お願いだけじゃ効果はない」

と綴った。

医療従事者の30代女性「私たちは1年以上、自宅と病院の往復だけです」

緊急事態宣言に対し疑問や不満を抱く人がいる一方で、宣言を軽んじる行動を慎むよう訴える人もいる。北海道の40代女性(事務・管理/契約社員/年収200万円)は

「医療従事者がコロナ患者の対応で苦しんでいるのを横目に、『もう自粛は我慢できない』と遊びで外出している人たちがいる。自分の精神の安定が大事で、他人の苦しみはどうでもいいのか」

と憤りを隠せない。医療機関で働く30代女性(東京都/年収450万円)は「自粛ばかりで気が滅入るのは理解できます」と前置きしたうえで、

「1日12時間働いて病院の外に出ると、路上飲みをしている人たち、マスクなしで騒ぐ人たち、家族連れで話しながらスーパーにいる人たちを見かけます。悲しくなって疲れが倍増するんです。『自粛ばかりで疲れる』と言いますが、私たちは1年以上、自宅と病院の往復だけです」

と切実な思いを明かした。とにかく早く、以前の日常が戻ってきてほしい。そう願うばかりだ。

※キャリコネニュースでは引き続き【緊急募集】三度目の緊急事態宣言、あなたが思うことや現在困っていることを教えてくださいのほか職場で起きた窃盗事件共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ