飛行機の旅で思わぬサプライズ? JALが仕掛ける「おもてなし」に迫る | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

飛行機の旅で思わぬサプライズ? JALが仕掛ける「おもてなし」に迫る

ハッピーコールの一例

ハッピーコールの一例

「まさかこんな事してくれるとは、ちょっと感動!」
「CAさんたちのメッセージに感激です!」

ツイッターやブログなどで、そうした喜びの声を見ることがある。いずれも空港や飛行機内での、思わぬサプライズに感激した人からの声だ。ある女性は結婚記念日の旅行で、日本航空(JAL)の客室乗務員からメッセージカードと飛行機の模型をプレゼントされたという。

「満席の深夜便、忙しい中、CAさんたちが書いてくださったと思うだけで本当に嬉しいです」

実はJALでは、搭乗した人に喜んでもらうため、サプライズを仕掛けることがあるそうだ。その秘密を探るべく、航空券やツアーのコンタクトセンターで勤務8年目となる山本恵里佳さんと、羽田空港でグランドスタッフとして勤務9年目となる渡邉麻友美さんからお話を伺った。

父親の退職祝い旅行に、ささやかなお祝い

コンタクトセンターに勤務する山本恵里佳さん

コンタクトセンターに勤務する山本恵里佳さん

サプライズの一つは「ハッピーコール」。コンタクトセンターでの電話対応で、誕生日など特別な理由に気付くことがある。それを、客室乗務員やグランドスタッフなどに伝え、お祝いの声掛けやメッセージカードを渡しているそうだ。

山本さんは予約センターで海外ツアーを担当している。そのため、今までウエディングや家族の記念旅行などの際に「ハッピーコール」を行ったことがあるという。特に印象に残っているエピソードを聞いたところ、父親の退職祝いで旅行をした家族の話をしてくれた。

「予約を受けた際に、記念の旅行だと分かりました。そこで、客室乗務員にお願いしたところ、機内でメッセージカードと客室乗務員が描いた似顔絵を渡してくれました。お客さまが喜んでくれたという報告を聞いて、私もとても嬉しくなりました」

山本さんは、「お客さまから『今回は記念なんだ』という言葉があったときに反応して聞き逃さないようにしている」という。また、話しやすい雰囲気を作るため、声だけでも笑顔が伝わるように心掛けている。朝礼の際、口角があがっているかを鏡でチェックすることも欠かさないという。

「将来はパイロットになりたい」と夢を語った男の子に…

グランドスタッフとして勤務する渡邉麻友美さん

グランドスタッフとして勤務する渡邉麻友美さん

サプライズは機内だけではなく、空港で行われるケースも。カウンターでの対応などで、特別なフライトだと気付いたときは、グランドスタッフや客室乗務員がささやかなプレゼントを贈る場合もあるという。

職員が「もっとお客さまに喜んでいただきたい」と思った気持ちを後押しするために、会社側が制度として確立したものだ。プレゼントの購入費用は会社が負担している。

渡邉さんによると、これまでの累計搭乗回数が1000回を迎えた利用者や、ハネムーン中の旅行者にプレセントをした例があるとのことだ。中にはこんなエピソードも。

「ラウンジに整備士の服を着た小さい男の子がいました。お話しを伺ったところ、服はお母様の手作りで、『将来はパイロットになりたい』と夢を話してくれたそうなんです。そこで、『夢が叶いますように』とキーホルダーをプレゼントさせていただきました」

空港での場合は、その場で気付いて実施するケースも。そうした際は、上司に相談し、売店などにプレゼントを買いに行くのだという。

「JALフィロソフィ」のもと、更なるサービス向上へ

こうした制度はいつから始まったのだろうか。JALによると、2010年の破たんが大きなきっかけとなり、制度化に至ったのだという。

「多くの方に支えられ、社業を継続できていることに社員は感謝の気持ちを持っています。どうすればJALを選んだお客さまに感謝を伝えられるか、喜んでもらえるか、という気持ちが職員の中に自然発生し、それを会社が後押しする形になりました」

個人個人の意識と共に、破たん後に全社員が共有することになった理念「JALフィロソフィ」の影響もあるようだ。同じ価値観を持って行動することにより、一体感が生まれ、最高のサービスが提供出来るようになる。

常に「JALフィロソフィ」を心掛ける

常に「JALフィロソフィ」を心掛ける

そのために、グループ会社の垣根を越えたミーティングが開かれたり、全社員参加での勉強会が行われたりしている。今後も、フィロソフィを基にしたソフト面はもちろん、機材などのハード面でのサービス両面で力を入れていくそうだ。

そうした取り組みの成果として、2015年6月にはSKYTRAX社から「ベスト・エコノミークラス・エアラインシート賞」を受賞した。前後の座席間隔を広げ、より快適な空間を提供していることなどが評価され、全世界のエコノミークラスシートの中で「最も優れている」という評価を受けた。

「単なる移動の手段としてではなく、空の旅を快適に過ごしていただくこと。これを大前提に、フルサービスキャリアとして、さらにお客さまに喜んでいただけるサービスを提供できればと思っています」

あわせてよみたい:東京ディズニーリゾートのキャストのやりがいとは

※ウェブ媒体やテレビ番組等で記事を引用する際は恐れ入りますが「キャリコネニュース」と出典の明記をお願いします。

キャリコネであの有名企業の「働きがい」「年収」「残業」の実態を見る

 

【PR】注目情報

関連記事

オンライン社員訪問で簡単に時給最低5,000円
年収UP確約転職

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

人気記事ランキング

  1. 「日本一給料が高い会社」キーエンスの実態 「年に4回のボーナス」「20代で年収1350万円」
  2. 「妊娠の順番を破ってすみません」勤務先の保育園に謝罪した投書が「闇すぎる」と話題 「うちも毎年二人までって決まってる」
  3. 東京で相次ぐ「コルク狩り」の背景 「ヤンキーにとってコルク半はステータス。よそ者がかぶっていると許せない」
  4. "ゆるい"会社に勤めている人 「鳴らない電話番しか仕事がない」「10時と3時にお茶の時間がある」
  5. 世界の小松製作所、職場環境も超ホワイト? 「子どもが小学3年生まで時短勤務」「出産・育児のハードルが低い」
  6. 「夫の年収、いくらなら専業主婦でも大丈夫?」妊婦の問いかけに「都内で子ども2人だったら1000万でもキツい」と甘くない声
  7. パチンコで“トータル3000万円は負けてる”という40代男性 「他に趣味がない。今は土日限定だけど月5~10万円は負けてる」
  8. 「住みたい街ランキング」には出てこない、実はコスパ最強の街3選 都内に住むならここだ!
  9. 仕事の満足度が低い業種2位「建設業」3位「不動産業」 就活で人気の公務員もワースト4と低め
  10. ZOZO前澤友作社長のお金はどこから出てくるの? 国内14位の資産家でも「年収35億だとぜんぜん足りない」

アーカイブ