1982年以降生まれの「ミレニアル世代」は帰属意識が低いことが判明 日本でも52%が「2020年末までに今の会社を辞める」と回答 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

1982年以降生まれの「ミレニアル世代」は帰属意識が低いことが判明 日本でも52%が「2020年末までに今の会社を辞める」と回答

ミレニアル世代は「帰属意識」が低い?

ミレニアル世代は「帰属意識」が低い?

監査や法務、コンサルティングなどのサービスを提供するデロイト トーマツが4月18日、「2016年 デロイト ミレニアル年次調査」を公表した。今年1月にデロイト トウシュ トーマツ リミテッドが発信したリリースにさらに日本の調査結果を加筆修正したもの。

調査対象は、1982年以降に生まれた世界29か国、7692人の「ミレニアル世代」。そのうち日本は300人だ。回答者は単科・総合大学の学位を取得後、おもに従業員100人以上の民間企業で正規雇用されている。

その結果、「選択肢があれば、2020年末までに所属する会社を辞める」と答えた人が世界で66%(日本:52%)にのぼり、帰属意識が低いことが明らかになった。10年後も現在の会社に在籍していると考える人はわずか16%だった。

報酬以外で重視するのは「ワークライフバランス」 日本でも顕著

ミレニアル世代はビジネスについては高く評価しており、世界の73%(日本:65%)が「ビジネスは社会に広くポジティブな影響を与える」という意見に同意している。しかし、利益を追求することだけには疑問があるようで、「企業の成功は利益だけでは測れない」と世界の87%(日本:82%)が答えた。

仕事先を選ぶ際は、「ワークライフバランス」が大きく影響するようだ。「雇用先を選ぶ際」に最も重視されたのは調査対象の29の国・地域すべてで「報酬」だった。しかし、経済的恩恵をのぞくと「適正なワークライフバランス」(世界:16.8ポイント、日本:21.0ポイント)がトップとなった。

その他の項目では、世界と日本で差があらわれた。世界で「ワークライフバランス」に次いで2位となったのは「昇進・リーダーになる機会」で13.4ポイントだったものの、日本は7.3ポイントで6位。日本で2位となったのは「仕事に意義を感じること」で12.0ポイント(世界:9.3ポイント、4位)だった。

また、「専門能力プログラム」(世界:8.3ポイント、日本:5.7ポイント)、「海外出張の機会」(世界:5.9ポイント、日本:3.6ポイント)でもわずかながら差がついた。日本のミレニアル世代が重視するものは、何よりもワークライフバランスで、出世や専門性を高めようといった意欲はどちらかというと低いといった傾向がありそうだ。

あわせてよみたい:それでもやっぱり「残業代稼ぎ」をやめない人々

 

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

人気記事ランキング

  1. 「夫の年収、いくらなら専業主婦でも大丈夫?」妊婦の問いかけに「都内で子ども2人だったら1000万でもキツい」と甘くない声
  2. 「ペットショップで犬猫買うヤツは人間のクズ」ひろゆきが苦言 「犬猫は可愛い。でもその前にどれだけ殺してんの?」
  3. 「スーツの集団に近づくと泣きそうになる」 スーツ恐怖症を吐露する投稿に共感相次ぐ
  4. 専門職大学、本当に「ニーズにあった人材」を育成できる? 識者は「産業競争力の強化には繋がらない」と指摘
  5. 若手正社員も「いまの給与では、未来への展望が持てない」 東京・新宿で「最賃上げろ」キャンペーンがスタート
  6. 「昭和に戻りたい」昔が懐かしくて仕方がない人達 「不便なことばかりだったけど人情に溢れていた」
  7. 【最新版】不動産業界の働きやすい会社ランキング 1位は三菱地所、無償での朝食提供やテレワーク、仮眠室、インターバル勤務制度
  8. お刺身のツマを食べる人は貧乏性? 食べない派「あれって飾りでしょ?」「魚の血がついているから苦手」
  9. 舞台「おおきく振りかぶって」公式ツイッターの投稿に批判 女優の胸を揉むようなジェスチャーの写真を投稿
  10. 26歳独女、初めてのホストクラブ体験 "姫"扱いの連続でカルチャーショック受ける

アーカイブ