経産省、プレミアムフライデー続行をわざわざ宣言 「今年も引き続き実施していきます」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

経産省、プレミアムフライデー続行をわざわざ宣言 「今年も引き続き実施していきます」

月末金曜日に仕事を早く切り上げるキャンペーン「プレミアムフライデー」が、もうすぐ1年を迎える。モニタスが昨年10月に発表した調査では、開始から半年経った時点での導入率は10.1%で、従業員100人未満の会社では3.3%と、1割にも満たないことが判明している。

こうした「プレミアムフライデーはオワコン」な空気をよそに、経産省は1月25日、同省サイト上でニュースリリースを発表。「今年も引き続き実行していきます」と、わざわざ続行を宣言した。

一周年を迎える2月の月末金曜日には振り返りイベントを開催予定

今年こそ浸透してほしいものです

今年こそ浸透してほしいものです

プレミアムフライデー推進協議会は昨年10月から、毎月のプレミアムフライデーにテーマを設けている。今年は1月が「プレミアムはじめるフライデー」、2月が「プレミアムフライデー一周年」、3月は「プレミアムお花見フライデー」と決められている。

推進協議会によると、1月は「全国50企業グループ・団体、400店舗以上で取り組みを実施」している。都内百貨店や全国各地の駅ビルのほか、静岡県静岡市や愛媛県東温市などの自治体主催のイベントもあるようだ。

しかしツイッターでは26日のプレ金当日にも関わらず、「プレミアムフライデーとかただの都市伝説でしょ」「なにがプレミアムフライデーだ」といった声や、「え、今日プレミアムフライデーだったの?」と既に存在を忘れていた人の呟きが見つかる。

シャープの公式ツイッターアカウントは「限りなく透明に近いプレミアムフライデー」と、同制度の存在感の薄さを揶揄していた。

来月2月にはプレミアムフライデー一周年を迎える。経産省によると、当日となる2月23日には、1年間の取組状況の報告と生産性や付加価値の向上に取り組む企業によるパネルディスカッションを予定しているという。

キャリコネであの有名企業の「働きがい」「年収」「残業」の実態を見る

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

人気記事ランキング

  1. 「40代前半がいない」人手不足を嘆く旭化成社長の発言に就職氷河期世代の不満爆発「自分たちが採用しなかったくせに」「当たり前」
  2. サラリーマン川柳がもはや時代にそぐわなくなっている件 「あんなの一流企業のおっさんの遊び」という指摘も
  3. 「トヨタの福利厚生は日本トップレベル」 2017年自動車業界「働きやすい会社」ランキング
  4. 「男の顔は履歴書」って本当? 「苦労をした人とそうでない人は見分けられる」説に違和感しかない
  5. 【ゲーム業界】働きやすい会社ランキング2位はソニー スマホゲーム企業も多数ランクイン
  6. 静岡県職員、過去8年で41人自殺という異常な事態 職員労組は「人員不足が大きな原因」と分析
  7. "若者のスナック離れ"の原因1位「食べる時に手が汚れる」 湖池屋「若者の必需品であるスマホと密接な関係」
  8. 「夫の年収、いくらなら専業主婦でも大丈夫?」妊婦の問いかけに「都内で子ども2人だったら1000万でもキツい」と甘くない声
  9. 「メニューを開かずお勧め何ですかって馬鹿かよ!」 初デートで激怒した女性の投稿が話題に
  10. 「日本人のパチンコ離れ」はなぜ起きた? 騒音に副流煙……新規客の取り込みに失敗したホールの怠慢起きるべくして起きた事態

アーカイブ