国語辞典の編纂者、調べてみた系まとめサイトを痛烈批判「無内容で調べ物の邪魔」「見た目だけ文章に見える文章ゾンビ」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

国語辞典の編纂者、調べてみた系まとめサイトを痛烈批判「無内容で調べ物の邪魔」「見た目だけ文章に見える文章ゾンビ」

国語辞典編纂者の飯間浩明さんは11月6日、いわゆる"まとめサイト"に、ツイッターで苦言を呈した。まとめサイトと言えば、かつてはキュレーション型の記事が多かった。しかし最近では、「◯◯について調べてみました!」と、筆者自らが情報を集めて書こうとする「トレンドブログ」と呼ばれるスタイルも増えている。飯間さんはこうしたサイトについて、

「〇〇について調べてみました!式のまとめサイト、無内容な上に長文で、調べ物のじゃまになるので、何とかならないかと思います」

とコメント。飯間さんについての記事もあったが、内容が完全に間違っていたという。

多くのまとめサイトは広告収入を目的に記事を量産している。アクセス数を伸ばすことが優先され、記事の内容は二の次だ。芸能人のゴシップをまとめたサイトでは、タレントの恋人や家族について、ネット上の情報を集めてつなげたような記事が並んでいる。

「文章が愚弄されている感じが痛ましい」「レポートだって可を取ろうと努力する」

画像は飯間さんのツイッターアカウントより

画像は飯間さんのツイッターアカウントより

まとめサイトの文章について飯間さんは「授業でいやいやレポートを書くことは誰にもありますが、せめて『可』を取ろうと努力する。まとめサイトには、その努力もない『不可』の文章があふれています」と批判している。

これらのツイートには、「ゴシップサイトブロッカー」や「ノイズレスサーチ」などを使うよう勧める人もいる。まとめサイトの記事末尾に「いかがでしたか?」という文言が入っていることが多いため、「いかがでしたか?」を検索避けするという提案もあった。

しかし飯間さんは、そうした回避策を知りたかったわけではないという。

「私たちが日常読む文章の水準は優劣さまざまですが、少なくとも意味を伝えようとしている。その姿勢が最初からない文章の出現に驚いているわけです」
「ある種のまとめサイトでは、筆者の言いたいことも、読者の受け取る意味もほとんどないのに、見た目だけ文章に見える文章ゾンビを生産している。文章というものが愚弄されている感じが、痛ましいのです」

まとめサイトでは、ライターが1文字1円に満たない対価で記事を書いていることも少なくない。より多くの収入を得るためには、内容よりもとにかく文字数を書くことが必要になってくる。こうした中で生み出される「文章ゾンビ」に、国語辞典編纂者が心を痛めるのは頷ける。

こうしたサイトに不満を持っている人は多いようで、ツイッターでは「そういうサイトに限って検索すると上位に来る」「最後にいかがでしたか?って書かれるとめっちゃ腹立つ」といった声が出ていた。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ