主婦の8割「家庭と両立できる仕事が少ない」時短勤務やテレワーク求める声多数「企業はフレキシブルな就業時間作って」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

主婦の8割「家庭と両立できる仕事が少ない」時短勤務やテレワーク求める声多数「企業はフレキシブルな就業時間作って」

しゅふJOB総研を運営するビースタイルは11月15日、「家庭との両立に必要なこと」に関する調査結果を発表した。調査は今年9月~10月にインターネットで実施。運営する求職サイト「しゅふJOBパート」の登録者713人から回答を得た。

「家庭と両立させることのできる仕事の数は十分足りている」と答えたのは21.8%だった。2013年の調査では10.6%だったが、2018年は約2倍に増えた。この5年間で、家庭と両立させることのできる仕事があると感じている人は増えたようだ。

「仕事と家庭を両立させる上で必要だと思うこと」を聞くと、1位は「時間や日数など条件に合う仕事」(84.2%)、2位は「家族の理解や協力」(62.3%)、3位は「上司や同僚など職場の理解」(60.6%)がラインクインした。2013年の調査では72.2%だった「保育所等子どもを預ける場所」の項目が、2018年は42.2%という結果で、30ポイント減少したことも明らかになった。

女性活躍推進の鍵は「ブランクOKも含めた柔軟な条件の仕事の増加」

画像はプレスリリースより

画像はプレスリリースより

仕事と家庭を両立させる上で必要だと思うことを選んだ理由としては、

「女性進出と言いながらも、派遣や、パートで、小学生の子供が帰宅するまでの、時間で働ける条件のものは少なく、たまにそのような求人があっても、早い者勝ちですぐになくなる。企業側はもう少しフレキシブルな就業時間を作るべき」(40代:パート・アルバイト)
「派遣だとテレワークがなかなか出来ない。体調不良ややらなければいけない日などテレワークがあると本当に助かります」(50代:派遣社員)
「家族の理解が無いと働けない。家族に反対されてまでしたいと思う仕事が無い」(40代:派遣社員)

といったコメントが寄せられた。

調査を実施したしゅふJOB総研の川上敬太郎さんは、家庭と両立できる仕事数は足りていると答えた人が倍増したことから、「決して高い数字ではありませんが、少しずつ変化しているように感じます」とコメント。その上で、

「それに比べ、条件に合う仕事やブランクOKの仕事などは大きな変化がありません。女性の活躍をさらに推進する鍵は、ブランクOKも含めた、より柔軟な条件の仕事の数を増やせるかどうかではないかと考えます」

と見解を述べている。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

人気記事ランキング

  1. "ゆるい"会社に勤めている人 「鳴らない電話番しか仕事がない」「10時と3時にお茶の時間がある」
  2. 「日本一給料が高い会社」キーエンスの実態 「年に4回のボーナス」「20代で年収1350万円」
  3. ストレスが少ない都道府県、愛媛県が2連覇! 温暖な気候の方が交感神経が抑制され、リラックスできる?
  4. 徳利の謎マナー、業界団体は「積極的に広めなくて良い」 「注ぎ口を使わないほうが良い」ネットで拡散
  5. 東京五輪、テレビで「観ない」人の複雑な気持ち 「誘致時の約束がほとんど守られていない。世界に対して恥ずかしくて情けない気持ちがいっぱい」
  6. 「内定辞退6割」がトレンド入りで話題に 氷河期世代は「羨ましい」、一方で「いざ内定してみたら闇すぎて」という人も
  7. 「ニートを経験した方が人生観が豊かになる」という説 社畜として消耗するぐらいなら一度社会から離れてもいいのでは
  8. 「メモは取らない方がいい」 茂木健一郎「いきなり書き始めたり、描き始めたりする方が効率が良い」とツイート
  9. 生徒の成績で教員を評価、大阪市の施策は「教師の軋轢生み授業の質下げる」教育コンサルが苦言
  10. 元商社マンが牽引する関西ペイントの「グローバル戦略」 南ア子会社には日本人ゼロ

アーカイブ