お礼をよく言われる人ほど目標達成率が高くなることが判明 評価されたと感じる時は「昇給・昇進」が約6割で最多 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

お礼をよく言われる人ほど目標達成率が高くなることが判明 評価されたと感じる時は「昇給・昇進」が約6割で最多

Uniposは、11月21日、「感謝と仕事」に関する調査の結果を発表した。調査は今年10月に実施し、20~30代の男女ビジネスパーソン2064人から回答を得た。

「感謝やお礼を言われる頻度」を聞くと、67.6%が「頻度が高い」と回答した。「頻度が高い」と感じている人は平均で約9日に1回、「頻度が低い」と感じている人は平均約28日に1回感謝を言われているという結果だった。

「頻度が高い」と感じている人の中で、週1回以上感謝を言われていると回答した人は75.2%に上った。これは、「頻度が低い」と感じている人の36.8%と比較すると約2倍だった。

目標達成との関係を見ると、「頻度が高い」人の73.8%が目標達成している一方で、「頻度の低い」人で目標達成しているのは55.3%に過ぎなかった。

「正当な評価を受けていると感じている人」は目標達成度が高い

正当に評価されていると感じている人の割合

正当に評価されていると感じている人の割合

目標達成との関係

目標達成との関係

「会社で正当な評価を受けていると感じているか」を聞くと、「正当な評価を受けている」と66.4%が答えた。また、「正当な評価を受けていると感じている人」の70.4%が目標達成している一方、「正当な評価を受けていると感じていない人」で目標達成できたのは、52.4%に留まり、適正な評価を受けていると感じている人の方が、目標達成度が高いことが明らかになった。

「評価されたと感じる時」は、1位が「昇給・昇進」(60.2%)、2位が「直接の感謝・賞賛」(56.8%)、3位が「間接的に、評価・評判を聞いた時」(36.7%)という結果だった。

世代別で比較すると、「直接の感謝・賞賛」は、35~39歳以上が51.2%で、20~24歳は62.4%という結果で、年齢が若いほど、直接褒められる方が強く心に残るようだ。

「誰からの評価で、評価されたと感じるか」を聞くと、「上司から直接」が最多で93.3%、次いで「上司から間接的に」が81.9%だった。また、直接か間接的にかを問わず、顧客からの評価よりも同僚からの評価で「評価された」と実感する人が多かった。

「会社満足度が高い人」の80.1%は目標達成している一方、「会社満足の低い人」で目標達成をしている人は59.7%に過ぎず、会社満足度が高い方が、目標達成率が高いことが明らかになった。

「直属の上司にされる仕事についてのフィードバック、目標や評価に満足しているか」を聞くと、「納得はしているが満足はしていない」(44.8%)が最も多く、以降「満足している」(42.8%)、「納得していない」(12.4%)と続く。

「上司からのフィードバックに満足している人」の79.5%は目標達成し、「上司からのフィードバックに満足していない人」で目標達成しているのは62.7%に留まった。「上司のフィードバックに満足しているかどうか」が、仕事の成果にまで差し響くことがうかがえる。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

人気記事ランキング

  1. 「アクエリアスが出荷停止」ネットで噂広がる コカ・コーラ担当者「冷凍の一部商品のみ」と訂正
  2. 上司に出す印鑑は「左に傾ける」のがマナー? ネットは「狂ってる」「社畜魂だな」と大批判
  3. 「彼氏ヅラ上司」がうざすぎて震撼 「男がいるんだろう」「普段のあなたを知りたい」「彼女が君に嫉妬しちゃってさ」
  4. 「東京都の西部から都心への通勤が辛い」という嘆き 「みんな中央線だからきつい」「毎日通勤4時間」
  5. 「初デートにサイゼリヤはナシ」論争に室井佑月が異論 「好きな男と行くならうどん屋でも食べ放題でもどこでもいい」
  6. TOEIC平均スコア、日本はアジアの足引っ張る結果に 高スコアは「南米」「ヨーロッパ」に多い傾向
  7. 「夢を持つのは悲劇的な生き方」 タモリの人生論は「幸福な人の傲慢」なのか
  8. 頑張った人にお寿司を! 投げ銭サービス「Osushi」、1月下旬スタート「お寿司はメタファー。お金を渡す精神的ハードルを下げる」
  9. ホリエモン「SNSの影響で新幹線で『席倒していいですか?』と確認する人が増えた」 マナーを気にしすぎる風潮を指摘
  10. 「もっと増税が必要。政治家も『だまし討ち』をせずに、選挙で増税を訴えて」 民間税制調査会の三木義一・青学教授

アーカイブ