勝間和代、高校教師の暴力問題で教員擁護の風潮に違和感 「煽られた時点でその場を離れるか助けを呼ぶべき」

画像は番組公式サイトのキャプチャ

画像は番組公式サイトのキャプチャ

東京町田市の都立高校で起きた教師から生徒への暴行問題に、賛否両論が出ている。1月21日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)でこれを取り上げると、経済評論家の勝間和代さんは「完全に傷害罪ですから、傷害罪を擁護するってあり得ないんですよ」と、教員の暴力を批判する姿勢を明らかにした。

番組では東スポWebの記事を紹介。暴力が批判される一方で、被害生徒の仲間が動画を撮影し「炎上させようぜ」とつぶやきツイッターに上げたことから、責任の所在が議論となっている。

タレントのデヴィ夫人は「こんな生徒は殴られて当然」と生徒に怒りを向ける一方、教育評論家の尾木ママこと尾木直樹さんは、安易に挑発に乗ることの危険性を指摘。「暴力を振るわないで指導できる力をつけることが学校には求められているのです」と主張している。(文:okei)

「立場が不公平な上に殴って、しかも殴ったほうを擁護するって、あり得ないです」