夜回り先生「もう、疲れました」サイト閉鎖へ 「何人が私の本を読んでくれているのか」――ネットで心配の声も | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

夜回り先生「もう、疲れました」サイト閉鎖へ 「何人が私の本を読んでくれているのか」――ネットで心配の声も

画像はサイトをキャプチャ

画像はサイトをキャプチャ

"夜回り先生"として親しまれている教育家の水谷修さんが8月21日、ブログで自身のホームページを閉鎖すると明かし、ネットで心配する声が相次いでいる。ブログには「さようなら。哀しいけどさようなら。もう、疲れました」と投稿。同日、

「私に相談している人の何人が私の本を読んでくれているのか。誰かから聞いて私に相談。でも、それは哀しい。ただひたすら続く何百本の日々の相談。私の本を読んでくれればそこに答えが。疲れました」

と書き込んだ。無力感、徒労感を抱いているようだ。ツイッターでは「夜回り先生休んで」といった声が出ている。

今年の8月は「例年になく、相談件数が非常に増えています」

繁華街で"夜回り"を行い、若者の非行防止や更生に取り組んできた水谷さん。ここ数か月のブログには子どもだけでなく、80代の親が50代の引きこもりの子を養う「8050問題」の相談が増えていることなども綴っていた。

7月5日には「十年以上にわたって、整理しながら書こうとしていた本」を書き上げたとブログに投稿した。青少年問題の歴史と背景、解決法をまとめたもので、

「多くの教員や専門家、それどころか親たちや大人たちにとって役に立つ本になると確信しています。十月には、出版できるでしょう」

と意気込んでいた。

8月14日のブログでは「例年になく、相談件数が非常に増えています」といい、特に女子中高生からの相談はどれも「死にたい」といった内容だったという。そんな中で生まれた、本が読まれていないのでは、という思いは精神的に堪えそうだ。今年3月には、数年ぶりに寝込んだといい、

「体調が最悪な中で届く『死にたい』のメール。なかなかきついものです。本当は、『生きたい』のに『死にたい』と書く子どもたちのこころに哀しみを感じました。こころを開き、周りじゅうに寂しさを叫べば、必ず助けが来るのに、過去に引きずられ、そしてこころを閉ざし、死を語る。そこには救いなどないのに」

とも綴っていた。ツイッターでは、夏休みで子どもの相談件数が増加したことで「著書で伝えてきた声は子どもたちに届かず、無力感に苛まれていたのかもしれない。年齢的にゆっくり休んでもいいのでは」という声もあがっている。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

人気記事ランキング

  1. 「アクエリアスが出荷停止」ネットで噂広がる コカ・コーラ担当者「冷凍の一部商品のみ」と訂正
  2. 「鈴木部長は(スズ)じゃないと失礼」 日立独自の「表記ルール」が面白いと話題に
  3. 上司に出す印鑑は「左に傾ける」のがマナー? ネットは「狂ってる」「社畜魂だな」と大批判
  4. 「東京都の西部から都心への通勤が辛い」という嘆き 「みんな中央線だからきつい」「毎日通勤4時間」
  5. スリムクラブ内間も苦しむ「住宅ローン」の重荷 ネットは冷ややか「営業マンの『大丈夫ですよ』にやられただけ」
  6. SF作家の「中学になったらラノベなんか読むな」が文脈外れて盛り上がる 「俺TUEEE!」ばかり読んでたらダメなのか
  7. 「初デートにサイゼリヤはナシ」論争に室井佑月が異論 「好きな男と行くならうどん屋でも食べ放題でもどこでもいい」
  8. ホリエモン「SNSの影響で新幹線で『席倒していいですか?』と確認する人が増えた」 マナーを気にしすぎる風潮を指摘
  9. 「るろうに剣心」作者、児ポ法違反で書類送検に衝撃広がる 「新連載を読もうと思ってた矢先に」
  10. GWの10連休、嬉しいことばかりじゃない「変な客が増える」「収入が10万円近く減る」サービス業や非正規雇用者から悲痛な声

アーカイブ