職場のバレンタイン、7~8割は「市販のチョコ」 「手作り」は少数派に | キャリコネニュース
おかげさまで9周年 メルマガ読者数
65万人以上!

職場のバレンタイン、7~8割は「市販のチョコ」 「手作り」は少数派に

「市販のチョコ派」が多数

「市販のチョコ派」が多数

電子書籍ストアを運営するBookLiveは1月31日、「バレンタインデー」に関する調査結果を発表した。調査は1月中旬に実施し、10~60代の女性1673人から回答を得た。

「バレンタインデーにプレゼントをするが予定がある」(78.6%)と答えた人は約8割にのぼった。一方、5人に1人は「ない」(21%)と回答。「その他・検討中」(0.4%)という人もいた。

バレンタインを贈る相手、「片想いの人」は6位に

プレゼントを贈る相手の1位は「配偶者・恋人」(790人)。以降には「配偶者以外の家族」(534人)、「職場関係」(471人)、「自分自身」(355人)、「友人」(290人)、「片想いの人」(43人)などが続いた。

送る相手別にプレゼントの内容を聞くと、いずれの相手でも「市販のチョコ」が最多だった。配偶者・恋人に対しては「市販のチョコ」が5割を占めたほか、「手作りチョコ」が3割以上、「高級・こだわりチョコ」を贈る人が1割弱。

職場関係の人に対しては、7~8割を「市販のチョコ」が占めたが、これ以外は各1割程度と関係性や役職に合わせて選択する人が多いようだ。

続いて、ホワイトデーのお返しについては「どちらでもよい」(46%)という人が最多に。残りは「欲しい」(31.7%)が「いらない」(22.3%)を若干上回った。欲しいプレゼントの種類は、市販のお菓子を求める声が多い一方で、約3割は「何でもいい」と答えている。

一方で「バレンタインにプレゼントを贈る予定がない」と回答した人に理由を聞くと、1位は「興味がない」(35.7%)だった。以降に「贈る相手がいない」(33.4%)、「暇がない・余裕がない」(12.5%)、「イベント疲れ」(7.4%)、「職場で廃止された」(7.1%)と続いた。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

人気記事ランキング

  1. 読書量が多い小学生は偏差値が上昇 特に算数で顕著、読む子どもと読まない子どもで約5ポイント差が開く
  2. 帝国ホテルのバカッター騒動で考えるサービス業のあり方 時給1000円のバイトが働く現場で「最高のおもてなし」は維持できるのか
  3. 氷河期世代を冷遇しておいて「技術力ある即戦力」なんて虫が良すぎる! 「おじいちゃんと新卒だけ」の日本企業
  4. 「不登校でゲームばかり」親の心配に専門家のアドバイス 「ゲームにはプラスの面がたくさんある」が注目集める
  5. 有吉、アナウンサーの台風中継に「見たかねーよ」と苦言 「早く車入って気をつけてくださいって、じゃあ行かすなよ」
  6. 「妊娠の順番を破ってすみません」勤務先の保育園に謝罪した投書が「闇すぎる」と話題 「うちも毎年二人までって決まってる」
  7. お盆の渋滞予測、8月11日がピーク 相模湖IC付近では45キロメートルになる可能性も
  8. 巨木を運ぶことは人間のエゴなのか――プラントハンターが「世界一のクリスマスツリー」輸送プロジェクトにかける想い
  9. 「スズキこそ我々ハンガリー人の車」 進出決めた修氏「当時は気の毒な立場にあった」と振り返る
  10. 働く主婦の7割、パワハラ・セクハラ経験 「罵声を浴びて死にたいと思うようになった」「みんなの前で見せしめのように怒られた」

アーカイブ