“学歴不要説”を主張する高卒30代男性「大学中退。32歳まで定職に就いていなかったけど外資ベンダーで年収1000万円」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

“学歴不要説”を主張する高卒30代男性「大学中退。32歳まで定職に就いていなかったけど外資ベンダーで年収1000万円」

学歴とキャリアは関係ない?!

学歴とキャリアは関係ない?!

学歴といえば、中卒から内閣総理大臣までのぼり詰めた田中角栄氏を思い浮かべる人もいるはずだ。田中氏は自身の著書で「必要なのは学歴ではなく学問だ。

学歴は過去の栄光。学問は現在に生きている」という趣旨の内容を綴ったことでも知られる。京都府の60代男性もキャリコネニュースに、

「学歴どうこうより、自ら何を学び研究したか、という方が大事。人から教授されたのでは学びになりません。現に外資系企業では、日本の学歴は通用しないようです」

といった声を寄せている。男性は、自らの最終学歴については明かしてないが、「不満はない」という。また学歴が高いと感じるラインについては、

「米国の大学院で、母語以外での学習能力がある人」

とのことだ。ちなみに現在は、専門コンサル系の契約社員として年収650万円を得ている。俗に言う“スーパー派遣”といったところか。相当なキャリアを持っているに違いない。東京都の高卒30代男性も高給取りながら、学歴にこだわらない一人だ。(文:鹿賀大資)

「大学で学んだ分野を仕事に活かす人は”ごくわずか”」

男性には、大学に6年間在籍した末の中退、という経緯がある。その後も32歳まで定職に就いていなかったという。それが今では「誰もが知る外資ソフトウェアベンダーでエンジニアをしています。年収は1000万円です」と明かす。

また今の会社に採用された際は、「大学名や中退歴などは、まったく触れられなかったです」という。男性は「自分が選択してきたキャリアなので、学歴に不満などないです」と胸を張っている。

東京都の30代女性も「最終学歴は高卒ですが、今の日本の平均年収より稼いでいます」という。それもそのはず、女性は現在、IT・通信系の会社で年収550万円を得ている。また自身の社会経験を踏まえた上で、大卒者に対する見解も述べた。

「有名大学を出ていても仕事ができなかったり、コミュニケーションも上手くとれなかったりなどで、周囲を困らせる人はいます。大学で学んだ分野を仕事に活かす人は、極わずかな気がします」

「社会に出たら”大学名よりも能力や人間力がすべて”」

女性は自身の学歴について「不満はない」という。学歴が高い人に対して思うことを伺うと、

「国立大を卒業している方は、やはり努力されていると感じました。学び方を理解していて、自分なりの方法を確立している人が多いように感じます。効率よく学ぶ、といったところでしょうか」

と綴っている。ちなみに女性は現在、仕事の傍ら通信制大学にも通っている。その理由は、

「海外移住や海外で働くことを視野に入れており、ビザが取得しやすいようにするためです。日本国内にいるだけなら、大学には通わなかったと思います」

と明かす。ほかには、

「社会人になってから、入社前の面接や履歴書の作成時以外で、学歴を聞かれることはほぼ皆無。自分から言うこともない。どこを卒業したかより、能力や人間力がすべて。自分の学歴に特に不満はないが、満足もしていない。また学歴が高いと感じる“明確な基準”などない」(福岡県/50代女性/清泉女子大学卒)

といった声も寄せられていた。

※キャリコネニュースでは引き続き「学歴は必要だと思いますか?」「義実家への帰省で憂鬱なこと」に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ