現代社会の理想の働き方は?「昔より技術が発達してるんだから6時間がベスト」「週5の1日5~6時間でいい」

理想に反して残業を嘆く人も

理想に反して残業を嘆く人も

働き方改革に伴い、ライフワークバランスの重要性が叫ばれる昨今。仕事と私生活の充実を望む人も増えつつある。その実現に会社の協力は欠かせないものだが、果たして現状はどうだろう。

神奈川県の40代女性(年収650万円)は、週4日の1日7時間勤務が理想だという。「家事をこなすなど私生活を有意義に過ごすには、これくらい必要」と綴る。しかし現状は、週5日、1日9時間勤務。これについて、

「定時に上がろうと仕事をこなしても、出来ない、またはやらない人の分が回ってくる。それで帰れない」

と不満をこぼしている。(文:鹿賀大資)

「残業代を目当てにダラダラと働く従業員が増えている」